NEWS ニュース

  1. ウォールストリートジャーナルQuadrilla特集-Quadrilla が木のおもちゃで子供のコードを教える記事

ウォールストリートジャーナルQuadrilla特集-Quadrilla が木のおもちゃで子供のコードを教える記事

その他

土曜日、5月7日の記事は技術エディタ のMichael Hsuとガジェットによって執筆され、タイトルは How Wooden Toys Teach Kids to Code(木のおもちゃは子供にコードに教える方法)。HsuはQuadrillaを選択してリードのおもちゃとして、リードのおもちゃが論理を使用して与えられた構造の範囲内で問題を解いてまた初期化の方法を教えることに理想的だということを実例します。

サイクロンセットの所有者としてまたは自分自身が長いコーダを持って、Hsuはこれらの観察によって彼の子供たちに運動 Quadrilla構造を築しました:

「Quadrilla マーブルランシステムとの構はコーディングが多いです:構造またはその仕事の「プログラム」を作成する必要があります。」

「木の大理石の実行は、正確には最先端の技術ではありません。このシステムを用いて私の子供と一緒に若干のかなりものすごい運動構造を構築した後に、それはコンピュータのプログラミングの基礎の教育にたくさん持っているのを感じしました。—具体的にはデバッグの芸術、大理石の奔流が関与している時にすべてのより多くのスリルがあります。」

大理石彫刻、トラック、速度と回転を合成します。これはQuadrillaの基本的な考えで、世界最初の大理石は水平面にロールを走行します。

17年前に、ドイツのエレクトロニクスエンジニア、Braun(ウィルフリード・ブラウン)は、彼の4才の息子を連れて地元のクリスマス・マーケットを歩いていた時-突然- 2つの伝統的な大理石のおもちゃで全く驚きました。彼らは自分でそれを作るという考えが来ました。簡単なドリルマシンですが、利用できる唯一のツールです。適切なツールが足りないので、彼らはスロットの長さにスロットを切て大理石彫刻のための経路を作り、大理石のブロックに穴をあけて水平方向への速度を上げます。この第1のサンプルとして、彼らは古典的な大理石の走行を建て、大理石の実行が層ごとに左から右へとロールダウンしました。1つにレールの2つの穴が足りないとき、彼らはそれぞれのレールの上にさらに2つの穴をあけました。これらの追加穴によって、柔軟なシステムは可能になります。これはQuadrillaの誕生です。

Quadrillaは二つのドイル単語の「Quader」と「Rille」組み合わせから派生し、それぞれの意味は「レンガ」と「スロット」で、これもQuadrillaの主要成分です。180度水平方向トラック、ブロックと多彩な大理石色の組み合わせを通して、マーブルラン・ビルダーはQuadrilla後の魔法を発見することができます。彼らも、木琴のキーを含む音楽モーションセットで自身のメロディーをつくることができ、それらは異なる建物の部分と宇宙都市設定による暗黒の宇宙ステーションの輝きに配置しています。

ウォールストリートジャーナルについて:
ウォールストリートジャーナルはニューヨーク市に基づくビジネスに集中して、英語言語の国際的な日刊紙です。それは、アメリカ合衆国における循環によって約2 . 4万枚(ほぼ90万デジタル会費を含む)印刷されている最大の新聞社です。