NEWS ニュース

  1. もしあなたの国で戦争が起こったら

もしあなたの国で戦争が起こったら

お知らせ

「今、ここで起こっていないからと言って、それが起こっていないということを意味する訳ではありません。」わたしたち一人一人にある、共感の貴重な感覚を生み出す賛辞。

最近、立派なNGO 、セーブ・ザ・チルドレン (Save The Children) が、「誕生日」と呼ばれる、90秒のビデオ・クリップを一般向けに公開しました。このビデオは、架空の英国の内戦を背景にしており、子供の難民たちのテーマを扱っています。現在までに、このクリップは、5000万回以上、閲覧されました。 https://www.youtube.com/watch?v=RBQ-IoHfimQ

このビデオは、平均的な中流階級のロンドンの家族の誕生パーティーから始まります。

その後、爆弾が、この家族の家の裏庭に落ち、内戦、すなわち無慈悲な悪夢の始まりを告げます。有毒ガスが渦巻く中で、少女は家族から分離され、災難から逃げ出さなければなりません。

1年後、脱出を余儀なくされ、家族を奪われた少女は、ついに、家族と再び一緒になりますが、二度と同じ生活に戻ることはありません。かつて、あれほどまでに喜びをもたらした誕生日のキャンドルは、もはや、少女の顔を輝かせることはできません。

わたしたちは、戦争は自分たちから遠い所で行われていると考え、難民たちも、あなたやわたしと同じ権利を持つべきだと考えるのではなく、大量の移民と難民たちに関するわたしたちの問題を非難する傾向があります。シリアの子供たちのための「ハペ・ラブ・アンバサダー」であるピュリティ・デンは率直に次のように述べました。「誰かが自ら選んで難民になるということはめったにありません。難民たちに国を開き、難民たちを受け入れるドイツでは、彼らは、ごく普通に扱ってもらいたいと思っているのです。」2016年4月21日、ハペは、ベルリンにあるチャイルド・フレンドリー・スペースを訪れて、そこにいるアフガニスタンとシリアの子供たちにおもちゃを届けました。

力強いビデオの制作者である、セーブ・ザ・チルドレンは、シリアの難民の子供たちを助けることを目的とする「わたしたちはケアします、わたしたちはシェアします」慈善プロジェクトにおけるハペの公式パートナーです。ビデオの目的は、わたしたち一人一人の中にある共感を目覚めさせることにあります。少女の悲劇的な物語は、ただ生き抜くためにもがいている、何千人ものシリアの難民の子供たちの生活を、そのまま映し出しています。

2016年に、ハペは、「わたしたちはケアします、わたしたちはシェアします」のグローバルな慈善プログラムでパートナーを組むために、戦争、貧困、自然災害、資源不足で苦しむ国々を選定しました。あなたが1セットのブロックを買うごとに、弊社は、シリア、アフガニスタン、ジンバブエ、ネパール、または中国で助けが必要な子供に、おもちゃを一つ、寄付します。

購入された各々のセットには、ユニークな5桁のシリアルナンバーが付いています。わたしたちのウェブサイトを訪れて、あなたのシリアルナンバーをタイプし、あなたの寄付が、一人の子供の生活に変化をもたらすため、どこに届けられたのかを見てみましょう。

この記事は、不当な侵害の犠牲になる無辜な子供たちのための国際的な記念日、6月4日のための賛辞で、貴重な本能、共感のための賛辞です。もし、あなたの国で戦争が起こったら、想像できますか ? 弊社の「わたしたちはケアします、わたしたちはシェアします」のグローバルな慈善プロジェクトに参加し、身体的、精神的に苦しんでいる子供たちを助け、一つのブロックが何を変えることができるかを確かめてみましょう。

© Monis Bukhari / Save the Children, Hape Image