NEWS ニュース

  1. 夏休みの子供の宿題!お子さんのタイプは「早め?計画的?ぎりぎり・・?」  性格に合わせた”接し方・声かけ”で、子供たちの心の成長を促そう!

夏休みの子供の宿題!お子さんのタイプは「早め?計画的?ぎりぎり・・?」  性格に合わせた”接し方・声かけ”で、子供たちの心の成長を促そう!

ハペブログ

こんにちは!ハペのペペ園長です。

 

pepeprincipal

 

 

今年は梅雨明けが遅かったので、7月の後半になってがやってきました。

 

小学校も夏休みが始まり、今まで雨で外遊びができなかった分『遊ぶぞ~~!』と、元気に夏を楽しんでいることと思います。

でも、パパママさんたちは子どもたちに夏休みの宿題をさせることでちょっと悩んでいるかもしれませんね。

 

夏休み宿題

 

いつの時代も子どもたちにとって「宿題」は大変です。

 

夏休みは長いので計画を立てて宿題をクリアしたいものですが、大人の性格もいろいろあるように、子どもたちも性格が様々です。

 

夏休みに入って

① 計画に添って宿題を完成させる子ども

② すぐに宿題を完成させて、あとはのんびり遊ぶという子ども

③ ずっと遊んで夏休み最終日に必死に宿題を完成させる子ども

など、

 

子どもの性格を把握していると、パパママさんの声のかける方法も違うことでしょう。

 

夏休み自由研究 掲載

 

☆どのように宿題の声かけを進める?

 

①計画的なタイプの子ども

 

計画的に

 

計画的なタイプの子どもには、夏休みの最初に一緒に計画表を作ると具体的に進めることができますよ。

 

たとえば、夏休み用のカレンダーを作って、いつ何をやるか、記入してみる。

宿題だけでなくて、遊ぶ予定も!たくさん書く!

 

満足感があれば気持ちも落ち着くので、『この日はこんなにたくさん遊んだから、今日はおうちで宿題をやろうね』、と声をかけると、意外にすんなりととりかかれるかもしれません。

 

ポイントは、メリハリをつける!

遊ぶ予定、宿題をする日、など切り替える。

 

楽しいことがたくさんあれば、やらなければいけないことにも、取り掛かる気持ちになれるでしょう。

 

大人もそうですよね!

 

 

②最初に宿題を仕上げてしまう子ども

 

宿題を早めに

 

最初に宿題を仕上げてしまう子どもには、急ぐあまりミスのないように、見直すことの大切さを教えるなど、フォローをする

 

夏休みが終わる前にもう一度見直してみると、学校が始まる心の準備もできるかもしれません。

 

 

③最終日ぎりぎりに間に合わせる子ども

 

最終日にギリギリ間に合わせる

 

最終日ぎりぎりに間に合わせる子どもには、宿題を提出するという約束を守ることの大切さを教えるなど、ポイントを伝えるとよいでしょう。

毎日「宿題をやりなさい!」と言うだけでは、パパママさんも疲れますよね。

 

これは約束なんだよ』、と、一つのルールとしてお話ししてあげると、気持ちも少し成長していくかもしれません。

 

あとは、パパママさんの夏休みの宿題の思い出を話したりすると、宿題に親近感を持つかもしれませんので、親子の話題もいろいろ工夫できますね。

 

 

☆自由研究はどうする?

夏休み自由研究

 

せっかく子どもたちと一緒にいられる夏!

 

旅行などのイベントを楽しむことは勿論ですが、

”日常生活で何かを作る、育てる、観察する” など、時間に余裕のあるときにしかできないことを家族で共有するのは、

子どもたちの心の成長にとても大事です。

 

夏休みの自由研究はそういう意味でも、大人と題材について考えたり、方法を探したり、調査に出かけたり、それをまとめるなど、一緒に何かをできますね。

 

(前回は、夏休みにお出かけした際の便利グッズを紹介しました! →子連れ旅行へ!子供の持ち物は? 国内や海外への荷物準備と、夏休み旅行におすすめ便利グッズ。 )

 

あの年の夏の研究は良い思い出になったな~』と、家族にとって忘れられない自由研究が出来上がることもあります。

 

また、まだ小さい子どもの世界観では、自分が認識できる範囲、つまり日常生活こそ自分の世界と観る傾向もあります。

 

遠くの旅行はおもしろかったけれど疲れた、”一番うれしかったのはベランダの朝顔が咲いたとき”、なんて感想が出るのも、じつはそういう背景があるのです。

 

朝顔

 

子ども目線で考えると、大げさなテーマでなくても日常の中で、『これはなんでこうなるのだろう、と、思ったことでもよいと思います。

 

花を咲かせる、好きな昆虫を観察する、調べたり、絵を描いたり、自分だけで何かを作った、というチャレンジした作品も、立派な研究になりますよね。

 

 

☆夏休みを親子で楽しむ

 

子どもの宿題に過剰に手を貸すのではなく、

一緒に提案をする、相談にのる、話をするなど、夏休みの宿題でコミュニケーションを上手にとれたら、楽しい思い出が一つ増えますよ。

 

毎日の食事を作るお母さんも大変です。

でも、台所を手伝ってもらうチャンスでもあります。

 

料理研究家

 

料理も研究になるかもしれないし、一石二鳥が一石三鳥にもなるかもしれません。

 

一度しかない今年の夏、子どもたちとたくさんコミュニケーションを取って、家族の絆を深めて、思い出のアルバムに笑顔の写真を増やしてくださいね!

 

夏休み家族旅行

 

 

▼ペペ園長の”育児子育ての悩み相談”ブログ

子どものおねだりにどう対処する?

赤ちゃんや子供がぐずるとき、どう対策しますか?

サンタさんへお手紙?クリスマスにプレゼントして欲しいものを子供から聞き出す方法

【病気の赤ちゃんにオススメの栄養ある食事】発熱や風邪で子供が体調悪い・・ママはどうする?

子供の成長を比べてしまう癖、どうする・・? ”モンテッソーリの敏感期”から学ぶ、比較しない我が子とよその子。

新しい環境に子どもが馴染むには?【はじめての集団生活】

【幼稚園・保育園に行きたくない!】連休明け、外に行きたがらない子供へどう対処する?

雨の日は、子供と室内遊び! 家族で楽しい的当てゲーム♪ 

雨の日のお洗濯! “衣服の匂い消し”や”生乾き対策”に、重曹や熱湯も効果あり?

子連れ旅行へ!子供の持ち物は? 国内や海外への荷物準備と、夏休み旅行におすすめ便利グッズ。