COMPANY 会社情報

  1. 創業者のメッセージ

ハペ・ホールディングAG 創業者&CEO Peter Handsteinからのメッセージ

*
*

ハペは長年に渡り、OEMとして日本市場に商品を提供してきました。その経験を通して、日本の保護者の皆様が、子どもたちの知育にとても高い関心を持ち、子どもたちの玩具をとても大切に考えていること、即ち高い品質と安全性を求めていることを学びました。このような厳しい市場においてこそ、ハペの商品は、より愛され、より機会があると確信しています。

ハペはドイツ生まれのデザインと品質管理が誇りです。ドイツ、ルーマニア、ラトビア、中国等全世界にある自社工場では、ドイツの製造文化に基づきコスト効率的な生産を行っています。30年間の歴史を持ち、ドイツの全幼稚園の多数で使われている実績があるパペの商品は、必ずや日本の皆様にご満足いただけるでしょう。ドイツの幼稚園で実績のあるハペは「Love Play Learn」をコンセプトに知育玩具に取り組んでいます。

この度、日本市場への本格参入のため、ハペ・ジャパン株式会社をマーケティング会社として設立しました。日本の皆様へ優れたサービスを提供させていただくため、日本人の鈴木 裕之氏がハペ・ジャパンを率います。彼はハペとハペ・ジャパンを日本の寿司に例えて、「ハペの工場が生産する様々な寿司を日本の皆様に美味しく召し上がっていただくために、ハペ・ジャパンはわさびと醤油の役割を果たしたい」と話しています。

わさびの利いたおいしい寿司を食べるには箸というパートナーが必要ですが、私たちは一般市場に株式会社カワダ様、また幼稚園や保育園に株式会社ヴィットハート様と連携し、全国の日本の皆様にハペの商品をお届けします。

ハペは、世界中の子どもたちに取って最も重要なのは「Play(遊び)」と考えています。かつて、ドイツは「Kindergarten(幼稚園)」という概念と言葉を発明しました。子どもたちが真の「Play(遊び)」を学べば、人生の多くのことを深く理解し、将来前途有望な大人に育ちます。

子どもたち、そして大人たちが持つ子どもの心を、何よりも大切にしましょう。どんなに人生経験を積み、偉くなったとしても、私たちは皆、生まれた時は子どもだったのですから。

ピーター・ハンドシュタイン

ハペ・ホールディングAG
創業者&CEO