NEWS ニュース

  1. 10年以上、子供と触れてきたアトリエの先生が感じる、 子供の自由なアートを通じた成長と、大人との信頼関係。 【東京港区のアトリエ】

10年以上、子供と触れてきたアトリエの先生が感じる、 子供の自由なアートを通じた成長と、大人との信頼関係。 【東京港区のアトリエ】

ハペブログ

こんにちは!キッズアトリエです。

 

今月は、アトリエの中で子どもたちの様子を見ながら、先生たちが感じてきたことを書いていきます。

 

( 先生たちの紹介はこちらに→ ちゃこ先生とさっちゃん先生のご紹介です。 )

 

 

キッズアトリエには、サブタイトルとして、アートパーティーという名前がついています。

これは、みんなでワイワイとパーティーをするようにアートしよう、という想いをこめたものです。

 

5d771fd6-c87fdd60

 

 

※今までご紹介したアトリエブログ (一部抜粋しました!良ければ見てください。)

フラッグガーランドでアートパーティー!
海の世界を見てみよう!
カラフルな車で遊ぼう!
お城をつくろう!
宇宙へ飛び出そう!
ファンタジーの世界へようこそ!
世界の国旗遊びで、子どもと多様性を学ぼう!
ちびっこアーティスト大活躍!ママの似顔絵をお絵かきしよう♪

 

 

☆まず「楽しい」こと

 

キッズアトリエ・アートパーティでは、自由な発想を大事にします。

子どもの作品は上手下手ではなく、”作ることが楽しい、自分の表現を堂々と話せることが良い”のです。

 

アトリエの時間、部屋で材料を用意して待っていると、子どもたちはママより先に走ってやってきます。

 

5d772009-1eec493b

 

今日はこれを作りたい!

この間のボクが欲しいと言った段ボールと箱ある?

など、頭の中は、今日作る作品のことでワクワクしていることがわかります。

 

大人は小さな約束を忘れてしまうこともある中、子どもたちは前回のアトリエでの約束をよく覚えています。

今日はこれを作るって言ってたよ」なんて言われて、私たちがタジタジになることもあります。

 

子供が覚えていることは楽しかった証拠です。

楽しかったから、よく記憶しているのだと思います。

 

5d771fd2-13c37ed6

 

このように子どもたちと接していると、『約束は守らなくては!』と心から思います。

 

ママたちの悩みで、「うちの子どもは話を聞いていない!」ということを聞きますが、子どもたちは実は楽しいことは忘れないのです。

 

ほかに集中することがあるから忘れちゃう。

これは小さい子どもたちにとって当たりまえかもしれません。

 

今は、楽しい、ワクワクする、たまに悔しいこともあるけれど、という感情を育てる時期なのかと思います。

そして、子どもたちが話を聴く姿勢はとても大事ですが、その前に大人と子どもの信頼関係を結ぶことももっと大事です。

 

5d771f3d-7ad2c25a

 

 

 

☆気分が乗らないとき

 

 

アトリエに遊びにきてくれる子どもたちの中にも

アトリエ?面倒、やりたくない!

と言うときもあります。

 

5d772b36-bd855ba3

 

でも大丈夫、アートパーティーでは、嫌なことは無理にやらなくてよいのです。

 

好きなことは何かな?

 

弟と遊ぶこと、猫が好き、働く車」など、誰でもマイブームは持っていますから、話を聴いていくうちに心を開いてくれます。

 

今日は消防自動車が走っていたんだよ」なんて教えてくれますので、私たちも、子どもたちの心に添えように心掛けています。

 

5d771f44-eb368ba3

 

 

☆みんな大きくなっていく

 

 

2~6歳くらいのころは、長いようであっという間に成長していきます。

アトリエでは、一番長い子は小学校に上がるまで、4年ほど来てくれました。

その間、私たちも一緒に成長を拝見できるので、こんなに楽しいことはありません。

 

始めは、ママから離れられなかった子も、いつのまにか、立派な「ちびっこアーティスト」になるので、頼もしいです。

 

5d772b63-877592e7

 

最初は、ママや先生たちの様子を観ていますが、それでOK、観察する時期はとても大事です。

大人のやることを見本として観ることで、子どもは安心します。

 

そしてある時、

自分から材料に手を出して、つたない様子でも紙をちぎったりテープを貼ったり、自分なりの創作活動が始まります。

 

そうしたら、しめたもの。

今までじっと周りの様子を見ていたことを、次々できるようになりますので、

親の背を見て子は育つ、のだなぁと思います。

 

”自分で作れた!” という体験が自信になり、

次にチャレンジする力になりますので、作ったらたくさん褒めます。

 

褒めるときは、『ここをがんばったね』 と声をかけ、一生懸命にやった努力や、その子らしい個性を認めます

 

5d771fcb-6360b9d4

 

さて、今回の作品はロボットだとしたら、

・ 男の子にとってとても楽しい!

・ さらにこのロボットは進化したり、変化するので、すごい!

・ 操縦するのは、僕と大すきな弟!

なんて、最高の組み合わせです。

 

こんな楽しい思いを残しながら、「さよなら、また来月ね」とおうちに帰ります。

 

そして「この前作ったおもちゃでまだ遊んでいますよ」と聞くと、私たちも嬉しくなります。

 

 

 

アトリエでは、真っ先に走って部屋のドアを開けます。そして・・・

 

せんせい、今日は何を作る?

 

「はい!たくさん好きなものを作りましょう!」

みんなの笑顔が嬉しいですね。

 

 

5d772b88-144f78c0

 

 

キッズアトリエ ちゃこ先生、さっちゃん先生より

 

 

 

”キッズアトリエは2004年より東京都港区で活動している親子のアトリエです”

 

☆キッズアトリエのキャラクター「にじいろくん」
5d772bbf-8d9947c0

☆キッズアトリエのブログ「キッズアトリエのアートパーティー」
http://art-party.kids-atelier.lolipop.jp/

☆キッズアトリエのブログ英語版「Kids atelier in Tokyo」
http://tokyo.kids-atelier.lolipop.jp