NEWS ニュース

  1. 簡単シンプルな「ぬりえ」は、 世代を超え、子どもが集中して遊べるアート作品!

簡単シンプルな「ぬりえ」は、 世代を超え、子どもが集中して遊べるアート作品!

ハペブログ

木枯らしが吹いたらもう冬、今年のアトリエも今回を入れてあと2回です。

 

 

最初はアートに消極的だった子も、1年たつと工作が大好きになり、走って部屋に入ってきます。

今日は何作る?

この前の材料まだある?

今日は僕はこれを作る!

と、目を輝かせて材料を選び始めます。

 

(前回は、魔女の手やかぼちゃのお面をつくって遊びました♪

魔女の手・かぼちゃのお面を子どもたちとつくろう!  自主性が芽生える、アトリエのハロウィン仮装パーティー )

 

今、こどもたちに流行ってる「ぬりえ」

 

今、こどもたちに流行っているのは「ぬりえ」です。

シンプルですが奥が深いぬりえは、いつの時代も人気ですね。

お父さんもお母さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、だれもが遊んだ楽しいアートです。

 

ぬりえは、近年の研究で脳の活性化に効果があると言われているようです。

線にそってはみ出さないようにきれいに塗るために、手先や肩を動かす作業を繰り返すことで、脳全体が活性化するそうです。

色を塗る目的を達成するために集中力も必要なので、集中する習慣も身につき、神経を落ち着かせるそうです。

 

アトリエでは飛行機やロボットを作るのが大好きな元気なTくんも、ぬりえを始めたら静かに集中して塗り始めました。

見本の色を忠実に再現したくて、色選びも慎重です。

 

 

働く車が大好きなEくんは、自分で好きな車を描いて、色を塗って、細部までこだわりました。

 

 

アニメのキャラクターが好きなTくんは、いつものキャラクターの色ではなくて、自分が空想した色を使ってみようかな?と創造性も出てきました。

 

 

みんなが集中してぬりえを塗っているとき、部屋は静かでなんともいえない良い時間が流れていきました。

 

1年間楽しくアートをしている間に、子どもたちは着実に成長しているなぁと思います。

 

アトリエでは材料が入っている大きな魔法のバッグから、好きな材料を取り出して作っていきます。

同じものはなく、どれもオンリーワンのアート。

 

材料の取り合いになることもありますが、みんなで相談して、ゆずったりしながら、相手のことも気遣うことができるようになりました。

こうやって子どもたちの世界ができていきます。

 

 

来月はクリスマス!

 

さて、来月はいよいよクリスマス。

みんなでサンタクロースの赤いブーツも作りました。

 

 

 

そろそろプレゼントが気になるころですね。

寒い冬も元気いっぱいで過ごしましょう!

 

キッズアトリエ ちゃこ先生、さっちゃん先生より

 

 

 

”キッズアトリエは2004年より東京都港区で活動している親子のアトリエです”

 

☆キッズアトリエのキャラクター「にじいろくん」
5da44483-3bb6413e

☆キッズアトリエのブログ「キッズアトリエのアートパーティー」
http://art-party.kids-atelier.lolipop.jp/

☆キッズアトリエのブログ英語版「Kids atelier in Tokyo」
http://tokyo.kids-atelier.lolipop.jp