NEWS ニュース

  1. 子どもの数遊びは「イチ!」「ニ!」の動作から? ”幼児が数えるのが楽しくなる”、所長おすすめの遊び

子どもの数遊びは「イチ!」「ニ!」の動作から? ”幼児が数えるのが楽しくなる”、所長おすすめの遊び

ハペブログ

所長宮野さんの連載 記念すべき第10回は、”数を楽しむ” ロングインタビューです!

今回は、3部に分けて、子供の「数の理解」と「遊び」の関係についてお話頂きました。

5da43ff0-6bd2121d

宮野 亮(みやの あきら)

一般社団法人 子どもと育ち総合研究所 代表理事 所長

 

※第1~9回の記事はこちら!
1.所長に聞く、「積み木の遊び方」の深い世界。 -子供の自信を育てる単純動作や、1歳と4歳で異なるメソッドとは?-

2.所長に聞く、”赤ちゃんへの、初めてのクリスマスプレゼントの選び方” ~大人も一緒に楽しめる、0歳・1歳の子供におすすめのおもちゃとは?~

3.ドイツ木製おもちゃ(知育玩具)にみるヨーロッパの教育思想。~木製玩具メーカーがたくさん生まれたドイツで、所長が感じた「子供のおもちゃ遊び」の日本との差異~

4.知育玩具(おもちゃ)とは、”単なる頭が良くなるおもちゃ”ではない? / 所長に聞く、おもちゃ遊びで育む子供の8つの力と、遊びを大切にするドイツ木製玩具。

5.買ったおもちゃで遊ばない、1人遊びをしてくれない・・ / 【所長オススメの工夫】 大人と子供の”ニアネス”とは?

6.子供が注意力を発揮する! おもちゃ遊びの工夫。所長おすすめの”ある道具”とは?

7.音を楽しむ「リズム遊び」が数の理解に! 所長おすすめの楽器遊びで、子どもと大人は大合奏♫

8.年齢で異なる「おままごと遊び」。所長おすすめの1歳・2歳・年長さんの遊び方。

9.キュリアスと安心感で、子供の楽しいを引き出そう! 所長おすすめの「動くおもちゃ」スロープトイと「動かすおもちゃ」レールウェイ

 

 

小学校に入ると足し算を習います。

しかしこれが「数の学習の始まり」ではありません。

 

 

アー」とか「ウー」とかの喃語(なんご)の時期を経て、いろいろな言葉をしゃべり始め、「イチ」「」という言葉も覚えて口にしはじめたら数に親しむ」フェーズ(場面)の始まりです。

 

 

声を出して、「イチ」「ニ」「サン」!

 

リズムをつけて 「イチ」「ニ」「イチ」「ニ」♪

と言葉を繰り返したり、

 

手拍子や手を振るなどの動作とともに、「イチ」「ニ」「サン」「シ」♫

と子どもと一緒に声に出してみましょう。

 

5da4404c-de910dd95da43ff5-981441815da44046-d6a7c668 

 

こういう遊びで言葉をしっかりと身につけます。

 

数字の言葉には順番があります。

「イチ」「サン」「シ」「ニ」ではなく、「イチ」「ニ」「サン」「シ」と言えることが大切です。

 

おもちゃ遊びでも、「イチ」「ニ」「サン」「シ」「ゴ」「ロク」・・・と言いながら積木を並べたり木琴を奏でたりできます。

覚えた言葉「イチ」「ニ」「サン」「シ」「ゴ」「ロク」・・・をたくさん使って楽しんでください。

5da43ffd-6027f308

 

 

数える動作を入れて、「イチ」「ニ」「サン」!

次のフェーズは「数える」動作を取り入れます。

 

積木を5個並べて、一つずつ指で触れながら 

「イチ」「ニ」「サン」「シ」「ゴ」!

と数えます。

 

あるいは数えながら積木を箱から出す遊びをします。

 

5da43ff2-5fa42394

 

4才児さんグループで積木遊びをした時のことです。

積木がたくさん入った箱から、各自8個ずつ自分で数えて取り出すことをしてもらいました。

 

「イチ」「ニ」「サン」! と言いながら積木を取り出していましたが、

 

1: 「ゴ」「シチ」「ハチ」という子

2: 「ゴ」「ハチ」「シチ」「ゴ」「ハチ」という子

3: 5くらいになると何個取り出したかわからなくなり、もう一度最初から始める子

 

などがいました。

 

順番通りに数字を言って、正しい数だけ積木を取り出す」というのは案外難しいことのようで、子どもは長い年月をかけて「正確に数える」ということを身につけます。

 

この「数える」ということが「多い・少ないへの気づき」「序列をつけること」「数を操作すること」につながっていき、やがて数を抽象的記号である数字で表し、その数字を使って操作すること(計算の記述)につながります。

 

なので、その始まりとして、「数えながら積木を棒にさす」や、

5da43ff8-36820705

E0504 カウンティングスタッカー

 

幼児用そろばんの玉を「数えながら動かす」

5da43ffa-665413d7

 

E8044 カラフルそろばん

 

など「数える行為」を楽しんでください。

 

続いては、

2.量の理解、大小の理解を助ける「数を楽しむあそび」 です。

 

※後日、第2部を更新いたします。

 

 

5da44001-29eca098

 

 

 

宮野 亮(みやの あきら)

一般社団法人 子どもと育ち総合研究所 代表理事 所長

”1960年福岡県生まれ。北九州市立大学文学部(中退)の後、大阪府立大学総合科学部人間関係コース(心理学・社会学専攻)卒業。高校時代より野外活動リーダーをつとめ、辻井正の主宰する「おもちゃライブラリー」において障がい児療育活動とおもちゃによる保育活動をはじめる。2004年オランダCitoにてピラミッドメソッド国際普及会議に参加。2011年、子どもと育ち総合研究所所長に就任。神戸こども総合専門学院非常勤講師。”

【子どもと育ち総合研究所の情報】
web: http://www.play-dev.jp
facebook : https://www.facebook.com/kodomotosodachi